ご迷惑をおかけしますが、現在サイトリニューアル中です。

明日やろう!

心のスイッチ
この記事は約2分で読めます。

行動を起こすという事

「明日やろう!は馬鹿野郎!」

なんて言ったりしますね。

つまり、今すぐ!今日やろう!という意味ですが、なぜ明日だとダメなんでしょうか?

問題の先送り

とりあえず今はちょっと…

と、問題を先送りにし続けて、結局やらなくなる。

実際、よくある話だと思います。

やりたくない事ほど、思い立った時にやらないと、ますますやりたくなくなるのが人間心理。

その心理を先読みして、今やろうと思わせたい!

特に仕事の場合なら、何事も早いに越したことはないですから、そういう意味ではいい言葉だと思います。

会社経営者としての私としては、大賛成です!

心の余裕も大切に

ただ…

心理カウンセラーとしての私の場合…

「明日できるなら明日でいい」

「今日できない事もないけど明日でもいいよ!」

という考え方も時に大切だと思っています。

特に真面目で、自分を責めがちな人には、こういった精神的余裕が重要だと考えます。

「明日やろう!は馬鹿野郎!」というのは、今やらない事で未来もやらなくなるという事を避けたいのが一番だと思います。

そういう意味でなら、真面目な人は遅れてでもきっと行動を起こす人だと思います。

結果として行動するのであれば、それが今日でなく明日でもいいじゃないかと…

もちろん仕事などにおいては、今日でなければならない事情もあったりしますので、全てを当てはめる事はできません。

ただ仕事ならばこそ、そこまで切羽詰まる前に対策を練る必要性もあるかもしれませんよね。

という訳で…

会社経営者としても心理カウンセラーとしても、結果的に行動を起こすのであれば、多少の遅れくらい容認できるような時間と心の余裕を持ちたいなと思います。

ちなみにこんな感じで、会社経営者としての思考と、心理カウンセラーとしての思考、どちらを選択するべきかで戸惑う事がよくあります…笑

タイトルとURLをコピーしました