ご迷惑をおかけしますが、現在サイトリニューアル中です。

精神的二日酔い

心理カウンセラー寄り
この記事は約2分で読めます。

お酒でストレス発散!?

ストレス解消法に「お酒!」という方も少なくないと思いますが、実際お酒でストレス発散ができるんでしょうか?

その場、その時の気分を紛らわすという効果はありますよね。

なので一時的な現実逃避ならできると思います。

一時的な現実逃避さえできれば、翌日にはしっかり前を向ける!

という人にとっては、お酒でストレス発散にもなるかもしれません。

でも、お酒が覚めればストレスが戻ってくる…という経験のほうが多いのが現実ではないでしょうか?

又は二日酔いという別な苦しみでストレスがごまかされている…という場合とか!?

二日酔いというストレス

ひどい二日酔いになれば、ストレスや悩みどころじゃなくなる事もありますが、これもまた何の解決にもなってません!笑

また、体は大したことないのに、どっぷりと落ち込んだ…なんていう経験のある人もいるんじゃないでしょうか?

「また、やり過ぎてしまった…」

「俺ってアホだな…」

等々、自己嫌悪に陥るパターン。

これを「精神的二日酔い」なんて言ったりもしますが…笑

実はこれも単に落ち込んでるんじゃなく、アルコールの影響によるものだったりします。

体内のカリウムやセロトニンの不足によって、精神が不安定になる事があるためです。

これも正しい知識がないと、単に自分を責めるだけで終わってしまうので、詳細はともかく何となくの知識があるといいかもしれません。

(※興味のある方は「精神的二日酔い」で検索してみるとあれこれ出てきます!w)

とは言え、これを知ったところで、結局これでは別なストレスを新たに抱えてるだけで、全く意味はないんですよね。

お酒との向き合い方

一時的な現実逃避しかできないとなると、お酒に逃げるという事は回数を繰り返すという事につながりやすくなります。

過度の飲酒を繰り返すことは、依存症などのリスクもあり、危険です。

お酒を飲むと気が大きくなりますが、マイナスに向かっている状態で気を大きくするのはやはりよろしくないと思います。

みんなで騒いで楽しもう!という場面などでは、照れをごまかして本気で楽しめたりと、それなりの効果はあったりします。

ただこれも羽目を外し過ぎると大失敗につながりやすくもなります…

どんな場面でもほどほどなら全然問題ないんですが、ほどほどで済まなくなるのがお酒に頼る人の特徴です。

そして何か起こった時には、お酒のせい!では済まなくなることもあるので、気を付けましょうね!

タイトルとURLをコピーしました