運営者紹介

NAOKI(44歳 男性)

すまいるスイッチ代表

日本能力開発推進協会認定 メンタル心理カウンセラー 上級心理カウンセラー

 

 

学生時代、会社員時代を通じて、なぜか人から相談を受けることが多く、それは事業を始めた今も変わらず続いています。

 

人間誰でも悩みは尽きません。

うまくいかない人ばかりじゃなく、傍目からはうまくいっているように見える人でも、それぞれにそれぞれの悩みを持っているものです。

 

そして多くの人が、実はその答えも持っています。

 

しかし、答えが見つかればすぐに解決できるものばかりじゃないのがまた悩ましいところ…

見つけた答えに向かって、また更に悩みながら進んでいく…

その繰り返しだと思います。

 

それはある意味、孤独な戦いとも言えるものです。

一人で抱えきれなくなりそうなとき、皆さんはどうしますか?

 

愚痴でも聴いてもらえれば、また前に進むことができる…

たった一言背中を押してもらえれば、また前に進むことができる…

 

そんな経験ありませんか?

 

しかし、誰しも好きな時に愚痴を言ったり相談したりできるわけではありません。

ついつい自分の中に溜め込んでしまい、大きなストレスを抱えてしまうことも少なくないのではないでしょうか。

 

吐き出すことができないと、頭の中の整理がつかず、

自分の中にある答えに気付くことすらできなくなってしまいます。

 

そのほんのちょっとのお手伝いをしたい。

すまいるスイッチは、そういう思いでオープンしました。

 

今日はちょっと塞ぎがちでも、明日はまた笑顔になれますように。

 


経歴

 

大手生命保険会社に12年間勤務し、うち9年間管理職を務める。

退職後、人材派遣会社を設立し、マネジメントを中心に、店舗向け販売促進事業や飲食店経営等多角的に事業を展開中。

たくさんの悩みを聴いてきただけでなく、自分自身も人一倍悩みぬいた経験から、カウンセラー資格を取得し、新規事業としてすまいるスイッチを開業。 

 


MIHO (40歳 女性)

 

短大卒業後、営業職として約9年勤務。

うち5年はリーダー職として、営業の傍ら部下の指導にあたる。

 

部下からは姉御肌と言われ、仕事だけでなく恋愛相談などもよく聴いていました。

営業は話し上手より聴き上手と言われ、とにかく人の話を聴く事を心がけてきました。

現在は人材派遣会社で、スタッフの手配や現場指導をする。

 

自身も以前にカウンセリングを受けたことがあり、人に話しを聴いてもらう事、

自分の気持ちを分かってくれる人がいることの大切さ、嬉しさを痛感しました。

 

受話器を置いた時、心が温かく自然と笑顔になれることを心がけていきたいと考えています。

 

©2018 話し相手サービス&カウンセリング「すまいるスイッチ」 All Rights Reserved.